いつまでも使えるハワイアンジュエリーを渡そう

ダイヤモンドの選び方とは

赤い糸

まずはカットを重要視する

ダイヤモンド付きの婚約指輪は一生も思い出になるので、よく考えて買うことが大切です。銀座といったおしゃれな場所で選ぶのも記念になります。婚約指輪は付加価値がつくことがあります。そのため、銀座という高級立地で売っている場所的価値やブランドがついている、ついていないによっても選べるグレードが変わってきます。せっかく選ぶのだから、銀座などの婚約指輪を取り扱う宝飾店が多く立ち並ぶ場所で購入したいと考える人も多いでしょう。その場合、それぞれのお店の特徴や店員の接客応対、アフターサービスなども一緒に比較しながらお店選びを行なうことが大切です。予算によっては婚約指輪のどこを妥協するかを考えることも重要なポイントとなります。銀座のような場所のお店であれば、宝飾の知識が豊富な人も見つかりやすいです。しかし、大きいからといって輝きがいいとも限りません。いくら大きくても不純物の混じり具合で輝き具合は異なります。むしろ不純物が少なく、透明度が高い小さいダイヤモンドの方が輝いているなんてこともあるのです。その輝きで重要視されるのはカットです。カットの方法によっては光の取り込み方が全く違うということがあります。いかにして光を取り込みそれを反射するかは、職人さんの技術の見せ所といわれるくらいです。また、必ず大きさに比例して輝きが増すというものではありません。ダイヤモンドはおおむね純粋なの結晶であるのが定義です。しかし、窒素やホウ素といった不純物が結晶に混じることで、結晶格子中に空孔が生じることがあります。また、時には結晶格子自体がゆがんでいるということもあるのです。これらの要因が重なることで、ダイヤモンドが透明ではなく、色がついたように見える場合もあります。しかし、それもカットの方法によっては無視できるレベルになり得るので、カットを重要視することは他の欠点をカバーしてくれるというメリットがあります。婚約指輪の予算の問題と妥協点で迷ったときは、まずカットを観察するとよろしいです。